猫に多い「あの」病気の予防!水分補給は人間が気をつけてあげよう

腎臓病・尿路結石ケア ねこメモ フード・お水

広告


健康な猫ちゃんはもちろん、猫に多い腎臓病や尿路結石(尿管結石・シュウ酸カルシウム結石)にかかった子は特に、十分な水分補給が必要です。でも、猫はもともとそんなにお水をがぶ飲みしてくれる動物ではありません。

どうしてお水をたくさん飲んだ方がいいの?

Google検索するとたくさんの詳しい文献が出てきますが、私が獣医さんから受けた説明がとてもわかりやすかったので簡単にリストにしますね。

子猫
とっても大事なことなんだ!byちびオリオン

①腎臓病の場合

  • 腎臓は「体内の老廃物をろ過する機能」
  • 水分が少ないとぎゅっと濃縮された濃いおしっこを作ってしまい、腎臓に負担がかかる
  • 水分を多く摂ることで、腎臓の負担を抑えることができる!

②尿路結石の場合(ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石共通)

例え話で説明してもらいました。

  • 少ないお水、たくさんのお水が入ったコップがあるとします
  • 同じ量の塩を溶かします
  • この塩は結石のもと(結晶)だと思ってください。
  • たくさんのお水では塩は溶けきります。
  • 少ないお水のコップには、塩は溶けきれず飽和状態となり、結晶のまま残ります
  • 両方の水を、ものすごく細い管に通すとしたら…少ないお水の方は、詰まってしまいます。
  • 水分を多く摂ることで、結石の発生や閉塞(おしっこが詰まる)を抑えることができる!

我が家のオリオン(ロシアンブルー)はまさにこの2つの病気を患っています。
腎不全発症時は死にかけましたが、4年経った今では元気いっぱいです!

ライオン・キング
王様になるほど元気なんだ!

「腎臓病とは」について詳しく知りたい方は、ロイヤルカナンのサイトが参考になるのでこちらにリンクしておきますね。
ロイヤルカナンの記事サイトはこちら

猫の飼育に詳しい方には「当たり前」の事かもしれませんが、オリオンが病気になる前は私も「器にお水を入れていただけ」だったのです。

私が実践している「お水を飲ませる対策」についてはこちらの記事にまとめてあるので、ぜひ読んでみてくださいね。
👉 猫がお水を飲んでくれない時に試す4つのこと

猫がお水を飲んでくれない時に試す4つのこと

腎臓病猫オリオンが試している、「元気な頃からできる、病気の予防のための水分補給方法」4つをご紹介!

オリオンはCat itのウォーターファウンテンを使ってるよ!

広告

猫の腎臓病・尿路結石体験談

腎臓病になるとどんな症状が起きるの?

オリオンの場合ですが、症状の記事がありますのでこちらからみれます。
👉 猫のオリオンの腎臓病記録 #2 思い当たる症状

猫のオリオンの腎臓病記録 #2 思い当たる症状

オリオンの腎臓病記録#2 「この症状、もしかして病気かも?」といったサインをシェアします。当てはまったら獣医さんに相談を!

オリオンが腎不全発作を起こした時のことはこちらに記事にしました。
👉 猫のオリオンの腎臓病記録 #1 突然の腎不全発作
👉 猫のオリオンの腎臓病記録 まとめ

猫のオリオンの腎臓病記録 #1 突然の腎不全発作

猫のオリオンが腎不全から回復した道のりを少しずつアップしていきます。猫の腎不全は一刻を争います。

オリオンが腎臓病のケアとして食べていたフードはこちら😋
この療法食のおかげで、腎不全から回復後はずっと数値が安定していました。

路結石になるとどんな症状が起きるの?

2017年に尿管閉塞で大手術をしたオリオン。2019年9月に結石再発の際、皮下補液の治療で再手術を免れた時のお話です。
👉 猫の腎臓病・尿路結石 #2 結石注意報の際は皮下補液の早期対処で閉塞予防!

猫の腎臓病・尿路結石 #2 結石注意報の際は皮下補液の早期対処で閉塞予防!

腎臓病・尿路結石(2019) オリオンの闘病記録 前回の記事 では「元気だけど気がかりな症状」をいくつか書きましたが、自宅での簡易尿検査で白血球が検出されたので、その後すぐにかかりつけのホームドクターのもとへ行きました。 結果から言うと、持病の尿路結石が影響している可能性が高いです。 大きな病院で精密検査をしても、オリオンが患っている結石は「閉塞してからの手術」以外に治療法がありません。 …