猫が腎臓病の療法食をムシャムシャ食べるようになるまで試した方法

腎臓病・尿路結石ケア ねこメモ フード・お水

広告


猫ちゃんが腎臓病と診断されると、先生から療法食を勧められますよね。でも「食べてくれない」を経験したご家族は多いのではないでしょうか。
オリオンもそのひとりで、最初は全然食べない!
今回は療法食をムシャムシャと食べてくれるようになるまで試した方法をシェアします。

INDEX

広告

ロイヤルカナン療法食を始めることに

オリオンは腎不全(のちに腎臓病)診断時にCRE(クレアチニン)14以上、BUN140以上の高数値でした。命の危機を脱した後、ホームドクターからはヒルズかロイヤルカナンの
療法食を勧められました。

オリオンが腎不全発作を起こした時のことはこちらに記事にしました。
👉 猫のオリオンの腎臓病記録 #1 突然の腎不全発作
👉 猫のオリオンの腎臓病記事 まとめ

猫のオリオンの腎臓病記録 #1 突然の腎不全発作

猫のオリオンが腎不全から回復した道のりを少しずつアップしていきます。猫の腎不全は一刻を争います。

プレミアムフードなどの選択肢もありますが、フードについては獣医さんよりも飼い主さんたちの方が詳しい場合が多く、恐らく入手のしやすさやメジャーに使われているものだからという見解かと思います。

まずはヒルズの缶詰(ケーキのような感じでした)は匂いを嗅いだだけで一口も食べてくれず。
ロイヤルカナンのドライフードはぽりぽりと食べたのと与えやすいのでロイヤルカナンを選びました。
こちらの病院では、ロイヤルカナンの試食小袋が置いてありオリオンは「腎臓サポートスペシャル」を好んでいました。

ロイヤルカナン ジャポンのオフィシャルサイトはこちら

療法食は美味しくない?

ぽりぽり…とは食べてくれるものの、今までのごはんよりも味も薄く(味見してみました!)、今までのフード(お肉成分が主)からたんぱく質制御のためお米が主成分のごはんに変わり、美味しくないのか?ムシャムシャとは食べてくれませんでした。

まだまだ体調は悪く、良くない状態なので療法よりも食欲体力をつけることが先決です。そこで、「療法食ではないけれど腎臓に配慮しているフード」を探すことにしました。(先生は「準療法食」と呼んでいました)

ドライ“準”療法食

オリオンが療法食をムシャムシャ食べてくれるまで試したフードを紹介します。

どうしても食べない時は香りの強い「銀のスプーン」なんかも少量混ぜてあげました。
石っぽい色は下記の「プロステージ」という活性炭の入ったごはんです。

・プロステージ
Le Chat デトレ 腎臓の健康維持に配慮 オフィシャルページはこちら

・ピュリナワン
優しく腎臓の健康サポート11歳以上 チキン オフィシャルページはこちら

これらのフードをはじめは療法食と半々に。上の2種類のフードと療法食を混ぜて三色丼にしてみたり。はじめは療法食をよけて食べていましたが、徐々に食べるようになり、だんだんと療法食の量を多くしていきます。よくまぜてあげると香りが移って療法食も気づかれにくいです。

療法食

療法食だけを食べてくれるようになっても体調の変化などでまた食べなくなったりもするので、しばらくは数種類のフードを置いていました。
複数のフードを扱う場合、減りが遅く酸化しますので1ヶ月を目安に使い切らないと嘔吐などの原因になります。
あまり古くなったものは捨てることになり、もったいないですが、闘病中なので仕方がないですよね。

・MiawMiawふりかけスティック
MiawMiawふりかけスティック かつお節味 オフィシャルページはこちら

こちらのMiawMiawのふりかけにもお世話になりました。体に良いものではないので、もちろん規定の量より少なく。
療法食にパラパラとかけて、混ぜてあげるとよく食べてくれました。

病気の猫ちゃんにオヤツ類をあげても大丈夫か?気になりますよね。
こちらの記事も合わせて読んでみてください。オリオンは食欲のない時などに与えたりしてました。

👉 病気の猫にオヤツは与えても良い?

病気の猫にオヤツは与えても良い?

お店で売ってるかわいいオヤツ。 腎臓病などの病気の子は食べても大丈夫?

ウェット療法食

ウェットフードもはじめはスープの部分だけをなめてしまったり、あまり食べませんでした。
動物病院で、「温めると食べるようになる」とのことなので早速試してみました。

①スプーン1杯ぶんのフードを器に入れ10~20秒ほどレンジで温めます。
このままではアツアツですが、香りがたつので猫ちゃんが興味を持ってくれやすいです。
②少しずつフーフーと冷ましてあげながら手のひらから与えています。
いっぺんにたくさん盛ると食べなかったりします。
お皿から上手にウェットフードが食べられない子は割と多いようで、気も散ってしまったりするので毎回手のひらにフードを乗せて少しずつ食べさせています。

療法食

ウェットフードは腎臓病の薬「セミントラ」を与えるために朝晩スプーン2杯ぶん与えていました。(現在は結石予防のためウェットが主食)
セミントラは1日1回で良いのですがあえて2回に分けており、その理由についてはこちらに記載してあります。

👉 猫用腎臓病薬「セミントラ」の「もうひとつ」の与え方

猫用腎臓病薬「セミントラ」の「もうひとつ」の与え方

今回は腎臓病のお友達も多く投薬している猫用腎臓病薬「セミントラ」の与え方について、獣医さんに教わったワンポイントをご紹介します。

現在オリオンが食べているフードについて

その後プレミアムフードにも療法食があることを知りましたが、入手できなくなったら…ごはんを変えて体調を崩したら…などが怖く、 ホームドクターと相談の上でロイヤルカナンを継続しています。

2017年に尿路結石(尿管結石・シュウ酸カルシウム結石)を経験しているので、現在は夜中の間以外はほぼ「ロイヤルカナン腎臓サポート ウェットパウチ」を食べています。
夜間やお留守番時は「ロイヤルカナン腎臓サポートスペシャル ドライフード」を食べています。
尿路結石を患ったらphコントロールフードでなくていいの?などなどフードについては他にもエピソードがあるのでまた改めて記事にします~

ロイヤルカナン ジャポンのオフィシャルサイトはこちら

器は猫壱さんのものをサイズ違いで3つ使っています。😂
それまでのプラスチックの器よりも清潔に保てて、食べやすい設計になっています。
いくつかあると、洗って乾かしている時など何かと便利です。下の3つ以外にも、絵柄や種類がたくさんあります!

初めは療法食を食べるまで大変かと思いますが、SNSなどで情報交換したりもできますので、根気強く続けてあげてください。病気を抱えた猫ちゃんが元気に過ごせますように!