猫の病気ケア用アイテム紹介 Part1

腎臓病・尿路結石ケア ねこメモ

広告


オリオンが腎臓病や尿路結石になってしまい、ごはんや通院など、それまでとはちょっと環境が変わりました。
その際に用意した、お世話がちょっと楽しくなるようなアイテムを紹介します。
せっかくなのでアイテムについてのエピソードも書きました。
アイテムだけ見たいよーという方は読み飛ばしながらどうぞ~。
長くなったので、Part1,2に記事を分けました!

INDEX

  • ウォーターファウンテン
  • ランチボックス&ガラスジャー(密閉ビン)
  • ウェットフード用のお皿&スプーンとランチョンマット
  • ウェットフードコンテナ
  • ドライフードボウル
  • オートフィーダー
広告

ウォーターファウンテン

catitウォーターファウンテン

以前はピュアクリスタルを使っていましたが、あまり飲んでくれなくなったので、「Catit」という海外の猫用商品を購入。
ピュアクリスタルのフィルターやポンプと互換性があるそうなので安心です。
お花のところから滝のようにお水が流れるので、よく飲んでくれますし、見た目もかわいいです!

Catitのオフィシャルサイトはこちら
Catitの日本語サイトははこちら

スープマグ

お水を足す時のカップは212 KITCHEN STOREで購入した、人間の赤ちゃん用のスープマグです。Ed Emberleyさんというアメリカの絵本作家さんのイラストでとっても可愛いです!(使い込んでて色が薄くなっています)
お水セットを置いているトレイも212 KITCHEN STOREで、コカコーラのコラボ商品です。

212 KITCHEN STOREのサイトはこちら

ランチボックス&ガラスジャー(密閉ビン)

flyingtigerランチボックス

flying tigerのランチボックス!
イラストがとっても可愛くてお気に入りです。

ランチボックス

病気になる前は密閉ビンにそのままフードを入れていましたが、病気になってからは療法食になり、治療中はフードの減り方もゆっくりになったため、フードの酸化も心配、ということで、2日分くらいのフードをジップロックに入れてこのランチボックスに入れて、残りは可愛い密閉ビンに保管しています。
ビンは駅ビルのおしゃれなお店でも良く見かけて、Amazonで購入しました。

flying tigerのサイトはこちら

密閉ビンはInstagramのお友達のお家でもちょこちょこ見かけます。フードの保管にぴったりですよね!
以前はフードを直にビンに入れていたのですが(見た目もカワイイ)療法食の袋が品質保持に良さそうだな~と思い、今はこんな感じで↓保管しています。

密閉ビン保存方法
  • フードの袋の空気をなるべく抜いてクリップ
  • さらに密閉ビンに入れる
  • 袋は日本語表記でちょっと生活感が出るのでflying tiger のペーパーナプキンなどを入れてテンションを上げる♪

以前ロイヤルカナンさんに保存方法の確認を取ってみたところ、通常は袋をクリップ程度の前提のようで、私がしている保管方法で十分とのことでした。

ウェットフード用のお皿&スプーンとランチョンマット

フードボウルとスプーン

こちらのアイテムたちは、腎臓病の液体薬セミントラをウェットフード療法食にかけて朝晩与える際に使っていました。
尿路結石を患ってからはウェットフードメインに食べさせているので、1日に何度もこのお皿とスプーンが活躍しています。

お皿は猫壱さんの小さいサイズのもの。猫壱さんのフードボウルはInstagramでもたくさんのお友達が使っています♪
スプーンとランチョンマットはこれまた212KITCHEN STOREで購入。
余談ですが1日に10回近くはこの食器を使うので毎回はちゃんと洗えず。毎回お水でサッと洗って、オリオンがお昼寝突入時と夜寝る前の2回、洗剤で洗っています。

猫壱のサイトはこちら

ウェットフードコンテナ

ウェットフードコンテナ

ウェットフードを入れているタッパーです。
小さなタッパーならなんでもよかったのですが、毎日何度も使うので可愛いものがいいな~と思い、ミッキー&ミニーのタッパーをセリアで購入。100円で、大小セットです!お揃いのスプーン&フォークも購入。(フォークは使わないです)
先ほどのスプーンは食べさせる用で、こちらは取り分け用!

セリアのサイトはこちら

ドライフードボウル

フードボウル

こちらはドライフード用のお皿たち。
猫壱さんの食べやすくて可愛いお皿です。

2皿あるのは、夜中に空腹嘔吐しないためにごはんを2箇所に分けて入れていたためなのですが、現在はオートフィーダーを導入。でもお皿2つあると何かと便利です。

オートフィーダー

夜寝ている時に空腹で吐いてしまうようになったオリオン。
お皿を2つに分けて夜食を用意しても、寝る前に全部食べてしまうので、オートフィーダーを導入しました。
寝る時にあげる12gのドライフードを、5gはお皿に、残りは数時間おきに、3回ほどタイマーをセットしています。おかげで朝の嘔吐がなくなりました!

オートフィーダー

この記事を書きながら、「こんなものも買ったな」「かわいいアイテムではないけど、これを買って便利だった」などなど思い出したので、そのうちまた記事にするかもです。
みなさんの便利アイテム、かわいいアイテムもぜひ教えてください♪
コミュニケーションは主にInstagramのコメント欄でおしゃべりしてるのでお気軽にどうぞ~。

👉 アイテムはまだまだあるのでPart2に続きます!

猫の病気ケア用アイテム紹介 Part2

猫が腎臓病や尿管結石になってしまった際に購入した、お世話がちょっと楽しくなるようなアイテムを紹介します第2弾!

この記事を書きながら、「こんなものも買ったな」「かわいいアイテムではないけど、これを買って便利だった」などなど思い出したので、そのうちまた記事にするかもです。
みなさんの便利アイテム、かわいいアイテムもぜひ教えてください♪
コミュニケーションは主にInstagramのコメント欄でおしゃべりしてるのでお気軽にどうぞ~。

編集後記

ブログ公開後にインスタのコメント欄へ、みんにゃからコメントをたくさんいただきました! 👉 こちらからも見れます〜